宗像市赤間の内科・消化器内科・外科ならJR赤間駅から徒歩1分の【なかのクリニック】

お電話でのお問合せは0940-38-2525まで。
文字サイズを「小」に変更します。文字サイズを「中」に変更します。文字サイズを「大」に変更します。

骨密度測定

加齢とともに骨密度が低下して進む骨粗鬆症、腰が曲がるのも骨粗鬆症が主な原因です。胸腰椎の圧迫骨折は持続する疼痛を生じて、大腿骨骨折は歩行障害を生じて生活の質を低下させるだけでなく生命の危険を招きます。

当クリニックでは、X線を使って、手の骨と厚さの異なるアルミニウム板とを同時に撮影し、骨とアルミニウムの濃度を比べることによって測定するDIP(ディアイピー)法にて検査をおこないます。患者さまに適した骨粗鬆症の予防と治療をご提案しております。

投稿日:2017年10月27日 更新日: 執筆者: